banner

廃車の注意点

廃車する際の注意点について

廃車する際には注意点があります。特にローンが残っている場合は、所有者にそのローンが支払い終わるまでは所有権を解除してくれないので、ローンを完済する必要があります。その上で廃車手続きをすることになるでしょう。
ほかにも注意点として、3月31日までに廃車の手続きより具体的には抹消登録手続きをしておかないと、4月1日以降に廃車した場合、自動車税が月割りで課税されるので無駄な税金を支払わないといけなくなります。
このように車をスクラップにするだけでは、名義が残ったままになるので特に税金関係がそのまま課税されることになります。こういった事態を避けるために確実に抹消登録の手続きをする必要があります。
なお、車検が切れた場合でそのまま自動車を放置していることがありますが、概ね3年を経過するとその自動車の所有者に対して陸運局から抹消を職権でしてよいかどうかのお尋ねの連絡が行きます。このときに異議申し立てをしなければ、陸運局の職権で抹消つまり廃車手続きが行われます。このことを職権抹消といいます。無論、ローンがまだ残っている場合などで抹消されたら困るという異議申し立てが所有者からなされれば、職権抹消は行われません。
廃車手続きが完了した場合は、任意保険に加入している場合はその保険会社に廃車が完了したことを伝える必要があります。どの車にどういった条件で加入しているのかにもよりますが、基本的には保険料を前払いしているはずなので、こちらも月割りで返してくれる場合があります。ただし、手続きには抹消登録証明書といって陸運局が発行している証明書類が必要になることがあります。
ほかにも自動車税を払った後にその年度の途中で廃車手続きをした場合は、月割りで自動車税が返って来ます。これはその自動車税を課税してきていた県税事務所等から通知が来て、その同封されている金券を銀行や信用金庫などの金融機関窓口に持って行けば現金に交換できるものです。
自動車の買い替えなどで前の車について抹消登録手続きができていなかったがために翌年度に自動車税が課税されることがあります。年度替りで決算等の理由で自動車屋が大幅な安売りを行うなどして大々的に販売してるために、買い替えることが多くあります。このため前乗っていた自動車の抹消登録手続きが間に合わず課税されてしまうことがあります。特にこの2月や3月は陸運局の窓口が大変混雑しますので、このような事態が発生することがあります。

Copyright(c) 2014 廃車、廃車寸前の車の価値を知って、有効活用する方法 All Rights Reserved.